震災後にガンが増えているのは本当か?

初めに書いておくと、私はこんなブログを書いているくらいなので、ガンに関してはかなり気にしていて、放射能に関しても食べて応援には懐疑的な方です。正直、今でも特定の食品などは避けています。なので私は原発や放射能を擁護しているとか、その手の業界の回し者とかではありません。

さて、311の大震災があって福島の放射能事故が起きてから、ネットでよく見かける話のひとつに「放射能のおかげでガンにかかる有名人が増えている」というものがあります。ネットだけでなくリアルでも言っている人を聞いたことがあります。私の友達も言っていました。

そのたびに私が思うのは、「昔からガンにかかる人、ガンで亡くなる人は、特にテレビの向こうでは多かったよ」ということ。昔からテレビの向こうの芸能人はガンでよく死んでいました。

ただ「震災のせいで増えている」派はそれを指摘しても納得できないようで、「えーでも」と数人の有名人の名前を挙げたりするのですが、私もじゃあと震災以前にガンになった方の名前を挙げてみたりします。ですがやっぱり納得しない。だからこれを見ても、多分納得しない方は多いと思いますが、どうして「震災後はガンが増えている」と感じるのかを考えました。

・あなたが、ガンにかかる有名人を気にするようになったから
まず一番はこれだと思います。

私はがん家系でこんなブログを作っていて、震災よりずっと前に父を肺がんで亡くし、祖父母もおじおばたちもガンで亡くなっているので、昔からガンのニュースは気にしていました。小学生の頃に優しかったおじさんがあっという間に肝臓がんで黄疸になって亡くなった姿を見てからはお化けよりガンが怖かった。なのでテレビなどでもガンのニュースが気になってしまう。それで昔から母には「そんなにガンばかり気にしているとガンになるよ」と脅されたくらい。

そんな私からすると、昔からテレビの向こうのキャスターや俳優女優など芸能人はよくガンで亡くなっています。特に白血病は芸能人に多いと思って母にも聞いたことがありますが、気のせいでしょで終わりました。

そうやって私が昔から気にしていたように、震災後にはみんな「ガン」を気にするようになったから、ガンにかかった人が気になって見えてくる。結果、最近多いと思うようになる。

これは身内がガンで闘病した経験がある方は納得できると思います。身近にガン患者がいる時は、ガンの有名人が目に付くし症状が気になる。まあそれ以外の病気でもやはり気になると目につくというのはあるでしょう。

ちなみに昔は芸能人がガンにかかると、真偽不明の噂で黄砂のせいとか中国やビキニ環礁の核実験のせいとか言われていました。それが311後は「福島のせい」と言われるようになったのではないかとも思います。

・ガンを公表するようになった
昔は本人にもガンは告知しなかった。それは芸能人も同じで状態が悪いものほど亡くなるまで隠されていた例もあったと思います。それが最近は当人に告知するようになり、芸能人はテレビでガンを公開するようになった。そのせいで「ガンになった」という人がテレビの向こうでは増えた。

・ガンはすぐに死なない
上の公表するようになったとも連動してきますが、ガンはすぐに亡くならない上、芸能人の公表が当たり前になってくると、経過を何度もテレビで当人がガンを語るようになります。

「ガンになりました」「手術が成功しました」「転移しました」「治りました」(「もしくは亡くなりました」)

一人が何度もガンの話題でニュースになる。それが何人も出てくるとやたら目につく。加えて最初に挙げたように震災以後「ガンが気になってしまう」ようになると、その手のニュースが無意識にも残りやすくなる。

一方でガン以外の病死では闘病期間が短いものが多いので、病気のニュースと訃報が同時だったりします。すると意識する間もなく亡くなっている。必然的にガンのニュースばかりと思うようになります。

他にも理由はあるかもしれませんが、とりあえず思いついたのはそんなところです。

また、私は「増えている」を一概に否定しているわけではありません。高齢化とか食生活など実際にガンが増加する要因はあると思っています。統計でも実際増えてます。ただ震災=ガンが増えたとは短絡的には言えないと思っているだけです。


震災後のガン=福島のせいという話についても、まず癌細胞はすぐには成長しません。数年から数ヶ月で一気に進行するような、見つかった時には手遅れの進行の早いガンはありますが、その手のガンは成長の要因がガン自体のタイプによるものなので、そもそも放射能とは無関係に増長します。

またネットでは当たり前のように語られている「誰々さんは震災後に食べて応援で福島産のものを食べたからガンになった」なども、その手の話は不安を煽るだけのガセだと思っています。

仮にピンポイントで高濃度の放射性物質を取り込んでいるものを食べてしまったとしたら直ちにガンになる可能性も否定しませんが、数回食べて数年足らずでガンになるほどのものだったら、多分その方の周囲や食べ物を用意した方々も影響を受けているはずです。

では全く福島の原発事故とガンは関係ないかというと、関係なくはないとは私も思います。

ガンの多くは生活習慣病の一種です。放射能もストレスも、食生活も、環境も少しずつ原因になる。日々の累積が病気につながるとするとその要因を避けるに越したことはないでしょう。

ただし放射能に関しても(誰から見ても有害な放射性物質の場合は即座に逃げるのは当然として)、気になるかどうかの閾値は人それぞれなので、気にしないのが一番という人もいれば、福島や日本からできるだけ離れることで安心できる人もいる。私の場合は前述の通り、特定の食品を避けることで折り合いをつけている。どれが正解というのはないと思います。


最後に、これは私自身の反省でもありますが、ガンを気にすると実際にかかりやすくなる「ガンを引き寄せやすいタイプ」ともつながるそうで、本来は気にしすぎもよくないことです。(これは引き寄せの法則が~とかのオカルトではなくて、ストレスや心の持ちようも病気に関わってくるという理由です)

なので震災後にガンが気になって芸能人のガンのニュースに過剰反応してしまう方は、自身の健康のためには情報から離れた方がいいかもしれません。予防は大切ですが、病は気からというのもそのひとつです。