アガリスク

抗がんサプリの定番というくらい有名。ドラッグストアなどに多数のメーカーのものがある。がん患者の選ぶ代替療法の中でも最も選ばれているものらしい。うちも身内ががんになった時のお見舞いで親戚などからよく差し入れされた。本人が選ぶ以外にも、そうやって周りからもらうこともあるのではと思う。

ブラジル原産のキノコで和名はカワリハラタケ。1990年代に栽培方法が確立されて安価に出回るようになった。日本ではそれより前に菌種の人工栽培が始まり、ヒメマツタケとして販売されていた。

言われている効果は、免疫賦活作用、抗腫瘍効果、血糖値の降下作用など
血糖値の方で、糖尿病や高脂血症、肥満防止などの効能を謳っているものあるが、免疫力を高め、がんを防ぐ・治す、などと一時期ブームになったこともあり、抗がんの方が一般的には有名。ただし下記の文献によると更なる検証が必要とされ、有意なデータが出るまでには至っていない。

また近年では市販の大手メーカーのサプリメントで、発がん促進(発がんプロモーター)作用を持つ成分が含有されているとニュースになったこともある。自主的な販売停止と回収を要請され現在は販売されていない。同時期に検査された他のものからはこの成分も出ていない。

このようにメーカーによっても成分の差異が大きいため、品質にもばらつきがある。高いからいいわけでもないし、中にはカワリハラタケでないキノコを使ったニセモノもあるらしい。

また抗がんとしてメジャーなものだけに、サプリメントの広告や販売方法において、薬事法違反で製造業者や関係者が逮捕されたりといったニュースもしばしば見られる。がんが治るとかあからさまに効能を謳ったものは疑うべし。

副作用としては肝炎などが指摘されている。他のもの同様、おかしいと思ったら止めることが必要。

  

【文献】
国立健康・栄養研究所 アガリクス

発がんプロモーター作用を持つとされた製品と、それ以外についての厚生労働省での発表と試験の結果。
厚生労働省 アガリクス(カワリハラタケ)を含む製品の安全性に関する食品安全委員会への食品健康影響評価の依頼について(2006/2/13)
厚生労働省 アガリクス(カワリハラタケ)を含む製品に関するQ&A